怪我や病気で急に入院や手術が必要となったものの、手元に現金がなかたり、預貯金が無かったりすることは少なからずあります。

 

健康保険により、高額医療費制度や傷病手当、生命保険や医療保険により、手術費用や入院時の差額ベット代は後々補填することが可能ですが、請求に時間が掛かってしまうケースが多くあります。このような場合、銀行や消費者金融のカードローンを利用することで、最短即日で融資を受けることも可能です。

 

今では、インターネットから簡単に手続きを済ますことが出来る上、来店不要で手続きが出来るため、治療に専念することが出来ます。短期間でローンカードを手にすることが出来るため、退院時に支払いに困ることはなくなります。

 

また、銀行の審査が厳しく、審査落ちしてしまった場合、消費者金融のカードローンでは費用が足りないと不安になることがあります。確かに消費者金融のカードローンは、総量規制により年収の1/3までしか借り入れ出来ませんが、医療費は総量規制の例外となるため、年収による制限を受けることがありません。

 

その為、手術費用や入院費用を心配する必要がなく、保険金が手元に入ってから一気に返済することも可能です。銀行カードローンの場合、金利が低いことで魅力的ですが、急いでいる場合は消費者金融のカードローンを利用する方が得策とも言えます。