キャッシングの審査は本審査と仮審査の二段階で行われる

消費者金融、銀行ともにキャッシングを行う際には審査が行われ、審査は仮審査、本審査の二段階で行われ、仮審査では通っても本審査で落とされることもあるようです。

 

それは、一体どういうことなのか?ここでは仮審査と本審査の違いについてお話していきます。

 

仮審査で合格しないと本審査はない

 

仮審査では申込者が提出した申込書を元に審査を行っていくわけですが、この際にチェックされる項目というのが利用者の生年月日、性別、他社からの借入、希望する借入上限金額等となっていますが、これらはお申込みする消費者金融や銀行によって変わってきます。

 

ただ、共通して言えるのは各項目を間違えることなく正確にかつ空欄を作ってはいけないということです。その他、仮審査では過去に返済の延滞のような信用に関わる問題を起こしていないか?という点についてもチェックされます。

 

ここで問題があるようですと仮審査を通るのは難しいでしょう。
また、これらのチェックはコンピュータで行われる為、結果が出るのが早く、合格して初めて本審査を受けることができます。

 

本審査は人間が行い、在籍確認も行われる

 

前述の通り、仮審査はコンピュータで行われていましたが、今度の本審査では人間が一つ一つの項目に対してチェックを入れていきます。ですから、コンピュータでは問題がなかったものでも、人間が介入することによって問題と判断されることもあるのです。

 

本審査においては、仮審査でチェックした項目に対して再度のチェック、提出した本人を確認する為の書類との照合、申込者の年収や勤務年数、在籍確認等が行われます。

 

また、このように細かくチェックが行われることから、虚偽の申告により仮審査で通っても、すぐにそれが嘘だと気付かれてしまうので、くれぐれも嘘は書かないようにしてください。

 

在籍確認では申込者の勤務先に電話をするというスタイルが一般的ですが、勤務先の事情によって電話が不可能という場合は、社員証や社会保険証といった書類でも代用が可能です。

 

在籍確認が行われるのは審査が行われる中でも最後の方と言われているので、これがあるという時点でかなり合格に近付いていると考えられます。

 

在籍確認時の注意点

 

ところが、在籍確認で失敗してしまうとそれまでのことが全て無駄になってしまうので注意が必要です。

 

失敗の例としては、勤務先へ電話した際に申込者のことを知らない人が電話に出てしまい、在籍していないような事を口走ってしまうことで不合格となる等が挙げられます。

 

在籍確認の電話番号については、確実に自分の事を知っている人が電話に出るような番号を消費者金融等に伝えておきましょう。

 

終わりに

 

これまで消費者金融や銀行で行われる仮審査と本審査についてお話ししてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

キャッシングを行う際には審査は付き物であり、誰でも合格できるわけではありません。

 

だからといって、立て続けに受けてしまうというのは次の審査においてもマイナス要素となってしまうので、少なくとも半年以上は間隔を空けるようにしてその時こそは合格できるように頑張りましょう。