消費者金融のキャッシングで融資を受けられる金額には制限があり申込者の年収によって変わってきます。

 

総量規制と呼ばれる規制があり消費者金融のキャッシングでは利用者は年収の3分の1までしか融資が受けらないようになっているのです。年収が210万円のフリーターの方が消費者金融に申し込みをして審査に通ったとしても総量規制によってキャッシングで借りられる金額は70万円までとなります。この総量規制には注意しなければならない点があります。

 

それは、総量規制は消費者金融ごとの規制ではなく複数の金融機関にまたがって適用されるということです。これにより、年収210万円の方が既に他の消費者金融から20万円を借り入れていたとすると、新たに利用を始めた消費者金融から借りられる金額は50万円までとなるのです。

 

総量規制は消費者金融系のキャッシングだけではなくクレジットカード系のキャッシングにも適用されるので注意が必要です。クレジットカードのキャッシング枠を利用して既にお金を借りている方が消費者金融に申し込みをする際には気を付けたほうが良いでしょう。

 

総量規制は消費者金融系とクレジットカード系のキャッシングだけに適用される規制となり銀行系のキャッシングには適用されません。どうしても年収の3分の1以上の融資を希望する場合は銀行系のキャッシングに申し込みをする必要があります。

 

消費者金融系のキャッシングの利用を希望される方は申し込みに際してご自身の年収を考えて幾らまでなら借りられるのかあらかじめ計算しておくのが良いでしょう。