キャッシングやカードローンを利用したいと思っていても、借金をしている事実が家族や友人、勤め先などにバレるのが怖くて、二の足を踏んでいる方も少なくないかもしれません。

 

借金をしている事実がバレるとしたら、それはどんな場合が想定されるでしょうか。同居の家族だったら、消費者金融などから書類が郵送されてきたり、電話が掛かってきてバレてしまうような場面が想定できますし、勤め先の場合には、申し込みの際の在籍確認の電話などが想定できるかもしれません。

 

それでは、実際に、これらの理由により、借金をしている事実が周囲にバレてしまうようなことは起こり得るのでしょうか。

 

結論から先に言うと、これらの理由により、あなたが借金をしている事実が周囲にバレてしまうようなことは、まずないと断言できるでしょう。

 

同居の家族の場合ですが、最近のキャッシングやカードローンの書類申し込みや実際の借り入れに至るまでのやり取りは、基本的にインターネットで完結します。必要な書類のやり取りも、一昔前までは郵送という方法が取られていましたが、今は書類をアップロードしたり、メールに添付して提出することで済みますので、書類がポストに届いて、家族の誰かに借金をしている事実がバレてしまうということはまずありませんので、安心して下さい。

 

それから、勤め先への在籍確認ですが、これは、借り入れを行う金額にもよるかと思いますが、基本的にはあるものと考えておきましょう。ただし、どこそこの消費者金融ですが、誰々さんはおられますか、などと言うデリカシーのない聞き方はしてきませんので、その点は安心して下さい。

 

グループ会社の銀行名を名乗ってきたり、個人名で名乗ってくるケースが多いようですが、クレジットカードの申し込みでも在籍確認するケースはありますので、まず、この観点において、借金をしている事実が周囲にバレるようなことはないと考えて下さい。

 

このように、キャッシングやカードローンの申込みで、その事実が周囲にバレることはまずないというのが、結論になります。ただし、ここで、少し考えておかなければならない重要なケースをお伝えしたいと思います。それは、これらの条件以外で、周囲に借金をしている事実がバレてしまう場合があるということをお伝えしたいのです。

 

どういうことかと言うと、それは、キャッシングしたは良いものの、返済が滞るというケースです。キャッシングもカードローンもそうですが、毎月の返済が滞るようなことがなければ、業者からの連絡などは、一切ないものと考えて問題ありません。

 

ところが、返さなければならないお金を返済できず、しかも、これが数か月続いたとなると、業者の方でも一括返済を迫ってきたり、家族を始めとした周囲の人に連絡を入れるケースは十分に起こりえます。借りたものはきちんと返すという原則さえ踏まえておけば、何も恐れることもありませんが、これができない場合が続くと、周囲に連絡が入り、結果として、人生において想定外のことが起こる場合もありますので、この点には注意をして、計画的な利用を心掛けて下さい。