クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、キャッシング枠が残っているならこの枠からお金を借りたほうが良いです。

 

それは専業主婦だとキャッシングの審査に合格するのが難しいからです。近頃では総量規制で年収の3分の1を超える借入ができなくなりました。これは貸金業者から個人がお金を借りる場合に適用されます。キャッシングを提供している消費者金融は貸金業者ですので総量規制の対象です。

 

この総量規制のため審査の際に安定した収入を得ているかを重視するようになりました。しかし専業主婦だと収入を得ていないというのが審査が厳しくなる理由です。総量規制では配偶者貸付といって配偶者の同意を得られれば、配偶者と併せた年収の3分の1までなら借入ができることになっています。

 

しかし戸籍謄本など配偶者との婚姻関係を証明できる書類の提出も必要で、手続きが大変になるために大手の消費者金融では専業主婦にはお金を貸していないです。

 

大手消費者金融のキャッシングは難しいですが、中堅の消費者金融のキャッシングなら専業主婦でも審査に合格させているところがいくつか見られます。中堅の消費者金融は大手消費者金融の審査に合格できない人を対象にしていることが多いです。そのため配偶者貸付の範囲でお金を借りることができるのです。配偶者の同意を得られない場合、配偶者に知られたくない場合もあるかと思います。

 

そんなときは銀行カードローンにお申込みするという方法があります。銀行は貸金業者ではないので総量規制の対象外、専業主婦でも審査に合格させている銀行カードローンがいくつか見られます。これらの銀行カードローンでは専業主婦用のご利用限度額をご用意しています。

 

もともとは最大500万円くらいのご利用限度額がご用意されていますが、専業主婦用のご利用限度額は最大でも30万円50万円です。大きな借入はできませんが生活費を借入するといった場合は十分足りるご利用限度額かと思います。総量規制の配偶者貸付ではありませんので配偶者の同意はいらないです。銀行カードローンは100万円から300万円くらいの高額な借入を希望されない限り、収入証明書の提出は不要となっていることが多いです。

 

働いていない専業主婦だと収入証明書類の提出はできませんが、専業主婦用のご利用限度額はそれ以下ですので収入証明書類の提出はいらないです。配偶者の収入証明書類もいらないので内緒でお金を借りようと思えばできます。

 

契約書やカード、ご利用明細書などの郵便物が銀行カードローンから届きますので郵便物から知られないように注意が必要です。生活費目的でなくお買い物目的ならクレジットカードのショッピング枠をご利用されたほうがわざわざ消費者金融や銀行にお申込みしなくていいので手間がかからないです。ポイント還元のあるクレジットカードなら現金でお支払するよりお得です。その代りに支払可能見込額を超えてお買い物はできませんので、高額な商品は買えない可能性があります。