銀行や消費者金融でキャッシング契約をする際、申し込みブラックで審査落ちすることがあります。これは、個人信用情報に直近6ヶ月の照会履歴が残り、過剰な借り入れや多重債務を防止する目的によるものです。

 

しかしながら、申し込みブラックは個人信用情報の特徴であり、審査落ちだけでなく、契約できた場合にも生じてしまいます。『ブラック』という単語から事故情報と混同しがちですが、新規契約から6ヶ月は新たなローン審査が通過出来なくなります。

 

そのため、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンやクレジットカードの申し込みは避ける必要があります。申し込みブラックは、事故情報と考えるのではなく、連続した申し込みが出来ないと考える必要があります。

 

これに気付かず、新たなローン契約を申し込めば、どんどん契約先が減ってしまうため、信用度に問題が無いものの不利益だけが生じてしまいます。

 

また、カードローンやフリーローン、クレジットカードに限らず割賦販売法が適用されるローン購入も審査が通過出来なくなるということも理解しておくのがおすすめです。

 

各金融期間では、顧客情報がデータベース管理されてしまうため、一度、審査落ちすると契約はどんどん厳しくなってしまいます。