キャッシングの審査では一体どんなところが見られているのでしょうか?

 

一般的な消費者金融や銀行のキャッシングの審査では、申請した申し込みの情報や身分証明書をしっかり確認しつつ、その人の年収や勤務先の情報について、そして家や住居の種類について、さらに他社の借り入れの状況などがチェックされます。

 

収入の安定性は、年間の収入と勤務先について確認され、どれぐらいの金額まで借入れができそうかを確認されます。

 

つまりお金を貸してもしっかり返済できるか、いくらぐらいまで貸せるか、ということです。

 

生活生存の安定度を確認するためには子供の有無を含めて家族構成が確認されます。自分の家なのか賃貸であるかどうかも確認されます。これは急に連絡がつかなくなり返済が滞ると困るからです。

 

さらに信用情報機関というところの過去のローンサービスの利用履歴も確認されています。

 

あなたがローンやクレジットカードでどのくらい借りているかが考慮されます。

 

もし過去に長期滞納や債務整理、自己破産をしている人ならば信用情報で確認できますので、キャッシングの審査に合格できません。

 

上記のような内容は、大手、中小を問わずほとんどのキャッシングの審査で参照される項目です。