消費者金融に対するイメージとして、柔軟な審査が行われていると考える人も多いでしょう。アルバイトやパート勤務であっても借入れが出来る点では、確かに属性審査を通過しやすいと考えられます。

 

しかし、消費者金融の審査がしっかり行われていないわけではなく、独自の審査基準をそれぞれの消費者金融が持っているので、しっかりと働いて収入を得ている人ならば借入先さえ慎重に選べば見つかりやすいわけです。

 

大手消費者金融では、貸し倒れリスク回避を前提として、スコアリング審査を重視しています。一定の基準に満たなければ、個別審査に回る前にすぐに審査落ち判定がなされるわけです。

 

一方、中小消費者金融では、申込数の絶対数が少なく、最初から他社借入れがある利用者が中心となるので、金利は利息制限法で定められている上限金利いっぱいだとしても、現状を審査して独自の基準を満たしていれば貸付を行なっています。

 

しかし、貸金業法に基づく貸付には変わりないので、総量規制に抵触する貸付は出来ません。少なくとも総量規制には抵触していないという前提で、属性審査のみでは審査落ちとせずに、現在の返済能力を細かく判定して融資を行っているわけです。

 

中小消費者金融の審査が柔軟と言われる理由には、スコアリングのみに頼らない個別与信審査をしっかり行っているからです。