キャッシングの返済について言えば、安い金利の金融機関を選び、短期間で返済してしまうことが利息額を抑えて総返済額を少なくするための鉄則です。返済方法もほとんどがリボリビング払いになっていることが多いと思われますが、できるなら一括返済か、分割払いを選択すべきです。

 

リボリビング払いがキャッシングの返済に不利な理由は借入元本がなかなか減らないということに原因が求められます。月々の返済額の中の利息額は借入元本から計算されます。つまり借入元本が多いとそこから計算される利息額も多くなります。

 

しかし、リボリビング払いでは月々の返済額は一定に決められています。月々の返済額の中で利息返済額に充当される金額がおおくなり、借入元本に充当される金額が少なくなるのです。

 

これでは借入元本があまり減らないことから、あまり減っていない借入元本から翌月以降の利息額が計算されることになりますから、またあまり借入元本が減らないということの繰り返しなのです。

 

これがずっと続いていくのでリボリビング払いではなかなか完済に至らないということになるのです。この負のループから逃れるためには月々の返済額を多くするか、繰上げ返済を利用するしかありません。