初めてのキャッシングということですので総量規制について不安は一切ありません。そもそも総量規制とは一昔前のグレーゾーンがまだ適用されているキャッシングの時代のように、民間の消費者金融や銀行などの金融機関から4社、5社とお金を借り過ぎて首が回らなくなるほどの多重債務に陥るのを防ぐために作られた規制です。

 

分かりやすく言いますと年収が300万円の人は総量規制で三分の一までとされており100万円までしかお金を借りられないように規制するものです。

 

また質問者のように新規で契約する際に、50万円以上お金を借りたいと希望する場合や100万円を超える大口の契約の際にはきちんとした所得がありますよと証明するために所得証明書という書類を提出することが義務づけられるようになったわけです。

 

つまり総量規制とは質問者を守ってくれる規制となりますので、キャッシングを始める事に何も不安に感じる必要はなく見えないバリアで守られるというような雰囲気だけで捉えておかれて結構です。

 

次に審査やカード発行についても疑問を抱かれているようですので説明しますと、総量規制が直接影響してくる事はありません。前述しました通り質問者を守ってくれる規制となりますし、初めてのキャッシングと言う事ですので頭の片隅にでも置いておかれて大丈夫です。

 

また審査という事に関しても少し触れておきますとお金を借りたいと希望される方は全員この審査という工程を必ず受ける事になります。

 

お金を貸しても毎月遅れる事無く返済してくれるかな、他の会社からお金は借りてないかな、月収、年収はどれくらいあって雇用形態は何かなを判断されます。

 

ですので新規で契約しようとした時申し込みの画面で驚かれるような入力項目の多さと事細かい条件まで質問してくるのです。申し込みの入力内容だけでお金を貸そうかな、やっぱり無理かなを判断しなくてはいけませんので項目数が多いのは致し方ない事です。

 

お金を借りられるかがどうしても不安でしたら、各企業の公式サイトにて2〜3項目を入力しただけでお金を貸してくれるかが数秒で分かる無料診断も出来ますので申し込む前に一度試されてみることをお勧めします。

 

また直接コールセンターの方にフリーダイヤルでお金の借り入れについて質問できたり疑問に思っている事等も相談できますのでそちらも利用されて下さい。

 

最後にカード発行についてですが、お金を貸しても大丈夫と判断された(審査に通った)方に郵送で送られてきます。時間帯指定でカードのお届け日、配達時間まで選択できる会社も中にはありプライバシーへの配慮もさなれ消費者金融のカードとは一目で分からないような名称のカードもあります。

 

以上をまとめてみますと初めてのキャッシングでは総量規制は50万円以下の希望額でしたら全く気にすることはなく、審査やカード発行にも影響はなく自分のキャッシングライフを守ってくれる見えないバリアのような存在だと理解されて下さい。