事前準備で審査から融資までスムーズにしよう!

カードローン審査の流れ

キャッシングの申し込みから融資までの流れは大体同じです。まずは各会社のホームページなどや、街にある契約機、電話などで申し込みをします。

 

最近は最初に仮審査という形で申し込みをします。この時点では年収や他社借り入れの有無や金額など、簡単な項目の記入が必要です。この時点で審査不可になるのは、大体他社借り入れが多すぎる場合や、借り入れ総額が年収の3分の1を超えている場合です。

 

続いて、本格的に申し込みをします。必要事項を記入(または電話で回答)しなくてはいけません。どこでも聞かれる必須事項は、年収・職種・会社の名前・勤続年数・住所・氏名・生年月日・持ち家なのか借家なのか・住んで何年になるのか・家族構成について・他社借り入れ件数と金額・住宅ローンの有無(ある場合は金額)・その他ローンの有無 などは必ず聞かれます。例え仮審査に通ったとしても、本審査で落ちる事はよくあります。

 

必要事項を申請後、身分証明書など必要書類をFAXや写真のメール添付で送り、本審査をします。本審査が通ると、すぐに融資可能です。提携ATMやキャッシング会社のATM、提携銀行などがあれば指定口座に振り込みも可能です。ただ注意が必要なのは、どこのキャッシングでも50万円以上の借り入れの場合、収入証明の提出が必要になります。50万円以上の融資を希望している場合は事前に用意しておきましょう。

 

 

さて、今は色々な方法での申し込みやお金の受け取り方法があります。今一番早く審査結果が出て、お金手に入れる方法についてですが、ネットで申し込みをしてキャッシング会社の専用ATMで引き出すのが一番早いと思います。大手のキャッシング会社ならば、申し込みはネットだけで完結するところが多いです。

 

そして専用ATMならば24時間いつで借り入れ可能な所も多いです。朝一番に申し込みをして、昼前までに審査を終わらせ、昼過ぎには現金を手にすることができますね。但し、土日祝日は審査を行っていない会社もありますので事前に注意が必要です。土日祝日お休みの会社だと、審査は月曜日になってからになります。

 

かなり急ぎの場合はここのような消費者金融もありです⇒ キャッシングのアコム店舗・ATM情報

 

近場にキャッシング会社の専用ATMが無い場合、提携銀行の口座を持っているならばそこに振り込みをお願いする事もできます。ですが、地方銀行などでは提携も無い場合も多いです。申し込みの前にそのキャッシング会社の専用ATMの場所や、提携銀行、提携ATMなどを確認の上で申し込むのが大切です。

 

一般的なキャッシングの申し込みから融資までの流れ、最短融資までの申し込みと受け取り方法についてご紹介致しましたが、申し込む方が個人事業主や経営者の方であれば審査はもう少し時間がかかります。多くのキャッシングは事業資金不可です。残念な事に個人事業主や経営者の立場の人が申し込みをすると、実際の使用目的は違くても「事業資金」として申し込みをしたと判断され、殆どの審査が通りません。その場合、最初から使用目的が事業資金でも大丈夫なキャッシングを選びましょう。使用目的自由、事業資金OKなどと書いてあります。

 

その場合、一般的な申し込みの際の必要事項にプラスして、お店や会社の事も聞かれます。設立年月日や年商、店舗の家賃、ホームページの有無など。いざ申し込みの際に困らないよう、事前にしっかり準備しておくことも審査から融資までスムーズに進めるコツです。

カードローン審査でお金の使い道を聞かれたり審査影響があるのかどうか

金融業者からカードローン審査に通過する事で借金が出来ますが、この時に審査で何を目的にお金を使うのか聞かれたり、目的を伝える事で審査影響があるのか気になっている方も居ます。基本的にカードローン審査においてフリーキャッシング等では用途は自由ですが、目的別ローンのように用途を明確にする事で低金利で利用出来る借金の場合は、何に使うのかを示す必要もあります。

 

目的別ローンの代表としてはカーローンや住宅ローン、リフォームローン、教育ローン等があり、フリーローンの場合は具体的に借りたお金を何に使うか答える必要もなく、生活資金か事業資金かといった質問がある場合もあるのですが、細かく答える必要も無いです。用途自由な借金と用途明確な借金について知っておくと良いでしょう。

 

 

「用途が自由な借金について」

 

用途が自由なフリーローンやフリーキャッシングと言われるものは、審査も柔軟で通りやすい傾向にあり、多くの方は給料日前でお金が足りない時に使ったり、遊び目的で使う事が多く、50万円を超えるような借り入れの場合は収入証明書が必要ですが、そうでなければ収入証明もなく簡易な審査で借金可能です。

 

 

用途自由ですからギャンブルに使っても生活費に使っても買い物に使っても自由であり、比較的高金利設定での利用になる事も多いですが、気楽に融資を受ける事が出来るもので、用途を聞かれた答えによって審査落ちする事もなく、審査に落ちるか受かるのかは返済能力によるものです。返済する力があれば審査に通って契約の範囲で借金可能です。

 

 

「用途が明確な借金の特徴とは」

 

用途自由な借金と違って、用途が明確な目的別の借金は審査が厳しく借入枠も大きく、低金利設定で利用出来るという特徴があります。

 

これはもちろん用途を聞かれますし、用途に使う証明書類等も必要になるものですが、フリーローン等で大きなお金を借りようとするよりも、目的別ローンを使って借りた方が利息も小さくなって有利になります。

 

車を購入すると時にはカーローンを組んだ方が、普通にキャッシングを行うよりも有利になる可能性も高いですし、購入する車の事や自身の収入を証明する必要もあり、審査も慎重な分審査クリアした時には有利な条件での借金を行う事が出来るという特徴がありますし、大きな借金になる傾向にある目的別ローンは特徴を知った上で使うと良いでしょう。

 

銀行や一部の大手消費者金融では事業性資金での使用は禁止されている事もあり、実際に使っていても解らない部分もありますし、領収書等を使う度に提出するわけではないので知られる事も無いですが、事業資金利用を禁止という所では事業資金として使わない方が良いですし、目的を正直に伝える事で審査落ちする事もあります。

 

 

「完済出来る範囲で安全に利用が重要」

 

用途自由でも用途明確の借金でもどちらにしても重要な事は返済出来る範囲での利用を行う事であり、計画的に利用してルール通りに完済させる事が必要です。

 

 

 

 

 

キャッシング審査申し込みから現金を手に入れるまでの時間や方法とは

キャッシングの申し込みを行って実際に現金を手にするまでにはどれだけの時間がかかるのか、どういった方法で現金を手に入れるのかは気になる所です。一般的な流れとしては、カードローン審査に通過してキャッシングを行えるようになるのですが、この時にまず行うのは申し込みを行って、審査に入り、審査に通過すればカード発行されて提携しているATM機で現金を引き出したり、口座に振込入金を行ってもらうという事になります。

 

業者によって審査速度は違うので、各業者によって細かい時間が違いますが、銀行と消費者金融の場合では銀行の方が審査に慎重であり対応速度も遅くなる傾向にあり、消費者金融では審査速度が早くて柔軟で、最短30分程度で審査が終わり、その日のうちに融資可能な業者では審査通過後に現金を手に入れる事が出来ますが、事務手続きや申し込みの手間等考慮しても大体1時間以内にお金を手にする事が出来ます。

 

銀行でも審査速度を早くしている所もあり、最短30分程度で審査という所もありますが、すでに申し込み先の銀行口座を持っている等の条件設定を満たしていないと即日での借り入れが難しいですし、翌日や2営業日、もっとかかる事もありえます。

 

審査に通っても利用方法によっては現金を手にするまで時間がかかる事は多く、例えば審査自体は30分程度で終わっても、ネットからカードローン審査を依頼するとカードをその場で手にする事が出来ず、郵送で自宅にカードが届くまでATM等を利用する事が出来ません。

 

振込キャッシングならば銀行口座等に入金してもらえますが、振込ではなくカードを使ってATM引き出しを行いたい場合には、カードの到着を待つか、店舗で直接申し込みを行ってカードをその場で受け取るという手順が必要になります。

 

初心者の方の場合はカードローン審査と言っても何が何なのか解らないですから、用意するべき資料等を揃えるのも時間がかかってしまいますし、ネット経由が便利と言っても、やはり工程が解らない時は時間が必要になります。

 

慣れている場合は業者のページにアクセスして、必要事項を入力すれば良いですし、1社辺りに50万円、複数社合わせて100万円までの借り入れならば運転免許証だけで資料は良いですし、大きな融資を希望する場合は運転免許証等の身分証明書類だけではなく、収入証明書類を提示する必要があります。

 

これらの資料は郵送でも良いですが、最近では専用アプリ等を経由してネットを使って写メール添付等で行えるようになっており、こういう部分でも手順に慣れている場合は迅速に進めていく事が出来ますが、解り難い場合には直接店舗に行って質問しながら進めた方が早い事もあります。

 

いずれにしても最速だとネット申し込みを行って30分程度で審査が通って銀行振込してもらうという事が出来ますし、業者の選択や使い方次第で現金を手に入れるまでの時間は変わるでしょう。

 

審査に通る為には、返済能力を認めてもらえる為に信用される事も必要ですから、業者が定める条件をクリアする為にも普段から支払の遅延や滞納はせずに、信用を高めておくと良いです。